FX用語集 | FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FX用語集

証拠金(しょうこきん)

証拠金は保証金、担保金のこと。
証拠金取引とは、本来必要とする資金よりも少ない資金(証拠金)を預けることで、大きな金額の取引ができる仕組みのこと。

証拠金は、レバレッジの倍率に応じて金額が変化し、 1ドル=100円のとき、1万ドルの取引をするには本来100万円の資金が必要となるが、
・レバレッジを25倍にすると、必要証拠金は4万円(100万円÷25=4万) ・レバレッジを10倍にすると、必要証拠金は10万円(100万円÷10=10万) ・レバレッジを1倍にすると、必要証拠金は100万円(100万円÷1=100万) になる。

仮にレバレッジ10倍で1万ドルの取引したとすると、1ドルが100円から95円になると、損失は5万円になる。このとき証拠金の残高は10万-5万=5万円になる。
多くのFX業者では証拠金が50%になった段階でマージンコールが発生し、決済か証拠金追加かを迫られるが、これを放置すると強制決済(ロスカット)が執行されるので注意が必要。

・関連用語 > マージンコール
・関連用語 > ロスカット
・関連用語 > レバレッジ


▲トップへ戻る