FX用語集 | FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FX用語集

1通貨単位(いちつうかたんい)

1通貨単位の取引とは、対ドルであれば1ドルから取引が可能という意味。
日本では1万通貨単位、海外では10万通貨単位が主流。

例えば1ドル=100円だと仮定して、
1万通貨単位の場合は、最低1万ドル(100万円)の取引が必要だが、
1通貨単位であれば、1ドル(100円)の取引が可能。

仮にレバレッジを最大の25倍にすると、1万通貨単位では4万円の証拠金が必要になるが、
1通貨単位であれば4円の証拠金で取引が可能。

低い通貨単位の取引は損失が少ない分、利益も少なくはなるが、デモトレードとは違った実際の取引の緊張感、相場観が身に付きやすい。
初心者のように最初から万単位の取引をするのが怖いという方は、1~1000通貨単位がおすすめ。

・関連用語 > 1万通貨単位
・関連用語 > 通貨単位
・関連用語 > 証拠金
・関連用語 > レバレッジ


▲トップへ戻る