FX用語集 | FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FX用語集

1万通貨単位(いちまんつうかたんい)

1万通貨単位の取引とは、対ドルであれば1万ドルから取引が可能という意味。
日本では最も定番の通貨単位であり、海外では10万通貨単位が主流。

例えば1ドル=100円のとき、
1万通貨単位の取引であれば、最低1万ドル(100万円)が必要になるが、レバレッジを25倍にした場合は4万円(100万円÷25=4)の証拠金で取引が可能になる。
※取引に必要となる資金(証拠金)はレバレッジの倍率によって異る。

レバレッジを高くすると証拠金は少なく済むが、実際は100万円の取引をしているのと変わりないので、リスクを考えた上で慎重に取引を行う必要がある。
初心者のように最初から万単位の取引をするのが怖いという方は、1~1000通貨単位がおすすめ。

・関連用語 > 1通貨単位
・関連用語 > 通貨単位
・関連用語 > 証拠金
・関連用語 > レバレッジ


▲トップへ戻る