FX用語集 | FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FXの始め方-3日でできるFXのやり方
FXの始め方 > FX用語集

FX用語集

【基礎FX用語一覧】

あ行 
か行 
さ行 スプレッドスワップ金利
た行 通貨単位通貨ペア
な行 
は行 バイナリーオプション
ま行 マージンコール
や行 
ら行 ロスカットレバレッジ
わ行 

通貨単位とは?

最低通貨単位とは「取引するのに最低これだけは購入してください」という単位を表しています。
例えば、
10,000通貨単位の場合― 1ドルが100円のとき、100円×10,000=1,000,000円(100万円)の取引が最低条件で、レバレッジ1倍で取引を行うのであれば資金が100万円必要になります。
1,000通貨単位の場合─ 1ドルが100円の時、100円×1,000=100,000円(10万円)の取引が最低条件で、レバレッジ1倍で取引を行うのであれば資金が10万円必要になります。

レバレッジを10倍に上げると資金は10分の1(1万通貨であれば100万円⇒10万円)で済むので、資金が少なくても1万通貨単位で取引を行うことも可能です。しかし少しでも損失が出てくると証拠金不足となり、マージンコールやロスカットが掛かりやすくなるというリスクを伴います。
通常の1万通貨でのFX取引は、レバレッジ調整によってハイリスク・ハイリータンとなるのが特徴です。初心者が高レバレッジで取引を行うのは危険ですので、十分理解した上でレバレッジを調整して取引を行いましょう。

マージンコールとは?

マージンコールとは、損失の拡大を防ぐために、預け入れた証拠金から現在の含み損を差し引いた時に、大きくマイナスとなった場合、追加の証拠金を要求する警告になります。
基準は取引会社によって異なりますが、証拠金維持率が50%~70%を下回った場合にマージンコールがかかる場合が多くなります。

ロスカットとは?

含み損が大きくなり証拠金不足等により、強制的に自動決済されてしまうこと。相場の急激な変動により証拠金が全額なくなってしまうばかりか、不足金が発生してしまう場合もある。

▲トップへ戻る