ループイフダンの設定を公開!AUD/NZDが初心者におすすめな理由 | FXの始め方-3日でできるFXのやり方

FXの始め方-3日でできるFXのやり方
FXの始め方 > 実績レポート

ループイフダンの設定を公開!AUD/NZDが初心者におすすめな理由



私が選んだ設定は、
  • 順位:(当時の)239位
  • 売買システム:ループイフダンB20
  • 通貨ペア:AUDNZD
  • 最大ポジション数:30
  • 損切設定:あり
  • 決済損益pips(当時の):1600
  • 利用割合:0%
  • 最低必要証拠金:(当時の)165,711
※(当時の)と記載があるのは2019年3月20日現在の値です。
※ランキングは決済損益pips順です。
※必要証拠金などは為替変動によって変わりますので確認してください。

ちなみに10日後の3月30日ではランキングは219位に上がっていました。

資金は17万円を入金してスタートしました。
では、なぜこの設定にしたのか?最初から説明していきます。

ループイフダンで通貨ペアAUD/NZDを選んだ理由

AUD:オーストラリアドル(豪ドル)
NZD:ニュージーランドドル(NZドル)
FX取引では当たり前ですが、負けないことが最も重要になります。
ループイフダンの特性から考えてAUD/NZDが一番負けにくく、利益を上げやすいと判断しました。
理由については、まずチャートをご覧ください。AUD/NZDの月足チャートです。


2014年から、現在も続くレンジ相場となっています。
さらにその前を見てみると、


2014年以前は、現在よりも豪ドルが高い価格でレンジ相場となっています。


ループイフダンを始めるにあたって、まずは通貨ペアと買い(b)で入るか、売り(s)で入るかを選ばなくてはなりません。(まだ他に細かい設定も選ぶ必要があります)

買いで入る設定にすると、相場が下がり続けるとロスカットの危険性が高くなります。逆に売りで入る設定だと、相場が上がり続けるとロスカットの危険性が高くなります。
つまりどっちの設定でも一方向に動き続けられると、ロスカットの危険性が高くなるということです。

その点AUD/NZDではレンジ相場が長い間続いているので、負ける確率が低いという判断ができます。<ループイフダンの特性上レンジ相場では、損切の可能性が低く利益を上げやすいので、最適な通貨ペアと判断しました。

もちろん利益もしっかりでているので、特に初心者の方や資金を少なく始めたいという方におすすめの通貨ペアとなっています。
AUD/NZDで「買い」を選んだ理由
まず買い(b)を選んだ理由としては国力を考えました。
オーストラリアとニュージーランドの国力や経済規模を調べると、やはりオーストラリアのほうが強いということがわかりました。

例えば、
世界の名目GDPランキングでは
  • オーストラリアは13位で1,379.55(10億USドル)
  • ニュージーランドは52位で201.39(10億USドル)
国土の広さでは
  • オーストラリア:7,692,000 km2
  • ニュージーランド:268,000 km2
人口では
  • オーストラリア:2460万 (2017年)
  • ニュージーランド:479.4万 (2017年)

いろいろ比べても圧倒的にオーストラリアの方が強いデータです。
つまり、AUD/NZDではAUDを買うほうがリスクが少ない(負けにくい)と判断できます。

一つだけ気になったのはスワップポイントです。
買いの場合、豪ドル/NZドルでは-30(10,000通貨単位の場合)とマイナスになってしまいます。
しかし長期的にみると、豪ドルが強い場合は利益が大きくなりまし、スワップポイントよりも為替変動でのロスカットのほうがリスクが高いのでここは気にせずに買い(b)を選択しました。
「設定値幅で20」を選んだ理由
次に設定値幅について(ループイフダンB20←20が設定値幅)を選択している理由ですが、AUD/NZDはレンジ相場で価格が大きく飛ぶようなことがあまりありません。
なので設定値幅は20を選択しています。
▼ 設定値幅とは?
(例)設定値幅20の場合、20pipsごとに新規注文と決済注文を繰り返します。

設定値幅の値が大きくなると決済されずらくなります。
実際にランキングを見てもB40など値が大きくなると、決済損益pipsが極端に下がってしまいます。つまりAUD/NZDにおいては利益が出ずらくなるということです。
「損切設定あり」を選んだ理由
損切り設定をしないと、一発で資金が底をついて退場のリスクが高まりますので、「あり」をおすすめします。
「最大ポジション数30」を選んだ理由
最後にポジション数ですが、こちらは資金力と合わせて決めるとよいと思います。
私のおすすめとしてはポジション数は30以上ですが、10万円以下で始めたいという方はポジション数が20では資金が95,000円ほど(価格変動により変わります)で始めることができます。

私も10万円前後で考えていたので、最初は20にしようかと思っていましたが利益率などを考えると30の方が良かったので、30にしました。

AUD/NZDB20のポジション数と必要証拠金
ポジション数20約95,000円
ポジション数30約165,000円
ポジション数40約250,000円
ポジション数50約350,000円
ポジション数60約465,000円
ポジション数70約595,000円
ポジション数80約740,000円
ポジション数90約900,000円
ポジション数100約1,075,000円
私は30なので必要証拠金は約165,000円です。最初に資金を17万円を入れてスタートしました。


もう一度私が選んだ設定を載せておきます。
初心者の方にもおすすめの設定だと思います。
  • 順位:(当時の)239位
  • 売買システム:ループイフダンB20
  • 通貨ペア:AUDNZD
  • 最大ポジション数:30
  • 損切設定:あり
  • 決済損益pips(当時の):1600
  • 利用割合:0%
  • 最低必要証拠金:(当時の)165,711

▲トップへ戻る