bitFlyer(ビットフライヤー)の登録のやり方 | 仮想通貨の買い方

FXの始め方-3日でできるFXのやり方
仮想通貨の買い方 > bitFlyer(ビットフライヤー)の登録の仕方

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録してみよう!

ビットフライヤーHP
【無料】bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイト

bitFlyerは国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所(取引所)として2014年4月にサービスを開始!「月間取引量」「ユーザー数」「資本金」において国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業になります。
※ビットフライヤー調べ、月間取引量:1.5兆円超/ユーザー数:60万人超/資本金:41億238万円 2017年9月現在

流れは、このようなかんじになります。
1.アカウント登録
2.取引時確認(個人情報等)の入力
3.本人確認資料を提出
4.取引目的等を選択
5.銀行口座の登録(必要があれば)
6.本人確認書類の確認完了(メール通知)
7.入金・売買が可能!

1.bitFlyerのアカウント登録

ビットフライヤー新規登録画面
まず「bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイト」で「メールアドレス」を入力して”アカウント作成”のボタンをクリックします。
「フェイスブックアカウント」や「YahooID」、「グーグルアカウント」でも口座開設は可能ですが、セキュリティの面を考えると、メールアドレスからのアカウント作成がオススメです。

ビットフライヤーアカウント登録(キーワード入力)画面
ビットフライヤーから入力したメールアドレス宛に「アカウント登録確認メール」が送られてくるので、メールに記載されているURLをクリックするか、キーワードの入力画面にキーワードを直接入力して”アカウント作成”ボタンをクリックしましょう。

ビットフライヤー重要事項の承諾画面
最後に確認項目がいくつかあるので、目を通してチェックを入れます。
”bitFlyerをはじめる”ボタンをクリックすればアカウント作成は完了です。
この段階ではまだ仮想通貨(ビットコインなど)が購入できないので、「本人確認」をする必要があります。画面の指示に従って、本人確認等を進めていきましょう。

もし途中でホームに戻った場合は、ホーム画面の右下にあるアカウント情報の「取引時確認」から登録が再開できます。
ビットフライヤーのホーム画面

2.取引時確認(個人情報等)の入力を行う

ビットフライヤーお取引までの流れ画面
お取引までの簡単な流れを確認したら、”取引時確認の入力からはじめる”をクリックします。

ビットフライヤー個人情報登録画面
本人確認の入力画面が表示されたら、フォームに「氏名、住所、電話番号等」を入力していきます。 電話番号は固定か携帯のいずれか一つの入力が必須です。
※姓・名は後で提出する本人確認書類と同一の表記にすること(漢字の字体、アルファベット)

ビットフライヤー
”続けて本人確認書類を提出する”をクリックします。
ビットフライヤー側で書類のチェックが入り、承認されるまでに時間がかかってしまうので、早めに提出を済ませておきましょう。

3.本人確認資料を提出

次は「本人確認書類の提出」になります。
まずは、提出する書類を選択しましょう。
ビットフライヤー提出書類の選択画面

【個人の方の場合】
1.運転免許証(裏面も必ず提出)
2.パスポート(顔写真面と所持人記入欄(住所記載ページ)の2ページを提出)
3.マイナンバー個人番号カード(裏面は不要)

※マイナンバー通知カード(顔写真の入っていないカード)は不可

4.住民基本台帳カード(裏面も提出)
5.各種健康保険証(カード型健康保険証、紙型健康保険証)
6.各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
7.各種福祉手帳
8.印鑑登録証明書(発行日から6ヶ月以内のもの)
9.住民票の写し(発行日から6ヶ月以内のもの)
10.在留カード(裏面も提出)
11.特別永住者証明書(裏面も提出)

本人確認書類を選択したら、次にアップロードしていきます。
書類は全体が鮮明に写るようにスキャン、またはスマホなどで撮影して提出します。
※画像ファイルはJPG、PNG形式(10MB以下)
書類の裏面の提出が必須の場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。
ビットフライヤー本人確認書類提出画面

提出が完了すれば、書類の審査に入ります。
審査は早くても数時間はかかるので、引続き「取引目的等の確認」等を済ましておきましょう。
ビットフライヤー

4.取引目的等を選択

当てはまる箇所にチェックを入れていきます。
これで、本人確認のための登録作業はすべて完了です!
ビットフライヤー取引目的等の確認画面

書類の審査が完了すれば、仮想通貨の売買は可能になりますが、事前に日本円を口座に入金しておく必要があるので、ここからは入金の方法をご紹介します。
ちなみにビットフライヤーでは、クレジットカードで仮想通貨を購入することもできますが、手数料が約10%程かかるのであまり現実的ではありません。そのため口座へ入金してからの購入をオススメしています。
入金の方法は「銀行振込」か「クイック入金」がありますが、ここでは一般的な「銀行振込」のやり方をご紹介します。
銀行振込は手数料は各金融機関によりますが、約200~500円となっています。
クイック入金の場合は手数料が324円で、24時間365日入金可能というメリットがありますが、ビットフライヤーでは7日間は入金額相当の資産の移転(日本円の出金、仮想通貨の送付)が制限されてしまうので、その点に問題ない方は了承した上で入金してください。

5.銀行振込による入金方法

銀行振込で入金をする場合は、事前に銀行口座情報を登録し、承認される必要があります。
銀行口座の承認にかかる時間は、実際の銀行口座情報と相違がない場合は当日~翌営業日になるので、早めに口座登録を済ませておくと良いでしょう。
銀行口座の登録はトップページからも行えるので、後から登録したい方は、右下の「銀行口座情報確認」をクリックして進めましょう。
ビットフライヤートップページ

銀行口座は必ず本人名義の口座を登録する必要があります。
また、ビットフライヤーの指定銀行は三井住友銀行、住信SBIネット銀行なので、これらの銀行口座をお持ちであれば、他銀行より振込手数料が安く済みます。
ビットフライヤー銀行口座登録画面

銀行口座情報の登録が完了すれば、ひとまず登録等の作業は終了です。
ビットフライヤー銀行口座登録完了


あとは銀行口座の承認を待って(基本的に当日~翌営業日)

承認されたらATMやネットバンキング等で入金します。

入金が完了するとビットフライヤーから連絡が来るので、これで仮想通貨が購入できます!!

最後に、bitFlyer(ビットフライヤー)から1週間前後を目安にハガキが送られてきます。
このハガキの受け取りをもって正式に本人確認が完了するので、ハガキは忘れずに受け取りましょう。
ビットフライヤーの本人確認ハガキ受取


仮想通貨のおすすめ取引所

取引所は海外(英語版)にもたくさんありますが、ここでは初心者の方が安全で簡単に取引が行えるよう、国内で大きなシェアを誇る2社をご紹介します。


Coincheck(コインチェック)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

>> CoinCheck(コインチェック)の登録方法は?

ビットコイン売買手数料取引所:無料
販売所:無料
クイック入金 手数料756円~
クレジットカード入金Visa/Mastercard/JCB対応(購入最低金額 5,000円)
取扱い通貨13種類(ビットコイン/イーサリアム/イーサリアムクラシック/リスク/ファクトム/モネロ/オーガー/リップル/ジーキャッシュ/ネム/ライトコイン/ダッシュ/ビットコイン・キャッシュ)

bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

>> bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法は?

ビットコイン売買手数料取引所:0.01% ~ 0.15%(10万円未満の取引は0.15%)
販売所:無料
クイック入金 手数料324円/件
クレジットカード入金Visa/Mastercard対応(購入最低金額 1,000円)
取扱い通貨6種類(ビットコイン/イーサリアム/イーサリアムクラシック/ライトコイン/ビットコイン・キャッシュ/モナコイン)

▲トップへ戻る