FXで負けるのは当たり前?プロスペクト理論とは | FXの始め方-3日でできるFXのやり方
FXの始め方-3日でできるFXのやり方
FXの始め方 >プロスペクト理論とは?

FXで負けるのは当たり前?人間が負ける仕組みプロスペクト理論とは

FXで負けるのは当たり前?

FXで負けるのは当たり前?

「なんで俺私はFXで負けるんだぁ~。やっぱり才能ないのかな。。」
と思ってるあなたに朗報です。FXは負けて当たり前なんですよ!

人間がFXなどの投資で負けるのは必然なんです。
なぜなら遺伝子レベルで負けるようにできているから。

現在では心理学や脳科学、行動経済学など様々な学問が発達して、負ける理由が明らかにされています。

その中でもプロスペクト理論というのが大きくかかわってきます。
※この理論を提唱したカーネマンは2002年、ノーベル経済学賞を受賞しています。

「でも勝っている人もいるじゃないか!」って声が聞こえてきますが、その人たちはとてつもない努力をしています。
もしくは0.1%の天才型

必ず負けるようにできているといっても、プロスペクト理論など負ける理由を学んでトレードに生かすことができれば勝率は確実に上がっていきます。

まずはプロスペクト理論について学んでみましょう

プロスペクト理論の実験をやってみよう

プロスペクト理論とは?

いきなり「プロスペクト理論」って聞いても難しそうだし。。という方も多いのでまずは実際に体験してみましょう!

簡単な2つの質問に答えるだけでオッケーです。

質問①:あなたに以下の2つの選択肢が提示されたものとします。

  • A:100万円が無条件で手に入る。
  • B:コインを投げて表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問②:あなたに200万円の借金があるとしたとき、以下の2つの選択肢が提示されたものとします。

  • A:無条件で借金が100万円減額され、借金が残り100万円となる。
  • B:コインを投げて表が出たら借金が全額免除されるが、裏が出たら借金は200万円のまま変わらない。

答えが出ましたでしょうか?

質問①ではAを選ぶ人が圧倒的に多いです。
ちなみにAもBも手に入る金額の期待値は100万円と同額です。

確実に100万円!人間は堅実的な生き物ですね。

質問②ではBを選ぶ人が多くなるという結果でした。
こちらも期待値はAもBも-100万円と同額です。

ここはイチかバチか借金がなくなることにかけたいですよね!

あれっ?ちょっとおかしいなと思いませんか?

質問①では堅実的な答えを選んだ人が多く、②ではギャンブル性が高い答えを選ぶ人が多くなっています。
しかも質問①で堅実的な選択のAを選んだほぼすべての人が、質問②ではギャンブル性の高いBを選ぶことが実証されているんです。

この結果が意味することを説明すると
  • 人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先する傾向がある
  • 損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)がある。


簡単に言い換えると、
  • 利益は確実に欲しい!
  • 損は絶対出したくない!
となります。

これがプロスペクト理論です。

FXでトレードしている人に置き換える

利益が出てる場合:「まだ上がる可能性はあるけど、下げていって利益を減らすのは嫌だな。う~ん、計画よりちょっと早いけど、利益確定しちゃおう!」(利益が少なくなる)

損失が出てる場合:「まだ下がりそうだから損切りしたほうがいいよな~。。でも損を確定させたくないし、もしかしたらこれから上がるかもしれない。よしもうちょっと待ってみよう!(損失がどんどん大きくなる)

というような行動をしていると、利益が出るときは少ないのに損失が大きくなって資金がなくなってしまうという結果になります。

損失のショックはとても大きい

このような行動をとりやすい理由はまだあるんです。
人間は利益のうれしさに比べると、損失のショックは2.25倍になる。

人は損をすることに対して感じるショック(痛み)が非常に強いということです。
なので、極力ショックを避けようとして損切りができなくなってしまうのです。

これがほぼ全ての人間に植え付けられている感覚です。
冒頭で書いた、FXで勝てる0.1%の天才型の人というのはこの感覚が人と異なるので、FXなどの投資で利益を出しやすくなります。生まれ持った才能というやつですね。

なのでFXで負けないようにするには、この感覚「プロスペクト理論」を克服する必要があります。

プロスペクト理論を克服する方法

プロスペクト理論を克服する方法

実際にプロスペクト理論というものがあると知っているだけでも克服には役立ちますが、ここでは2つ方法を説明します。

  • ルールを決めてトレード
  • ひたすら反復

ルールを決めてトレード

FXで勝っている人はルールを決めて、そのルールに従ってトレードしている人が多いです。
ルールに従ってトレードを行えば、感情が入る余地がなくなるので機械的にトレードをすることができます。

脱初心者を目指すこととして、自分が得意な独自のトレードルールを作るというのは一つの目標になります。

ひたすら反復

ルールを決めてそれ通りやれば良いじゃないかと思うでしょうが、ルールを決めても、一度も破らずに忠実にトレードできるという方はいないのです。

FXはメンタルが大事といわれますが、負けが続いたり、コロナショックの時など急な動きがあったりするとメンタルがやられてルールを破ってトレードしてしまう人がほとんどです。

こういう失敗を繰り返して、ルールを順守しながらトレードを反復して行うことでメンタル的にも強くなっていくということが必要になります。

実際にプロスペクト理論を完全に克服する方法というのはかなり難しいです。

私もあなたも人間には感覚があるので、熱いものは熱いと感じるし、痛いものは痛いです。
感覚をすべて消すということはできないですし、メンタルを急に強くするということもできません。

なのでトレードを繰り返し行って、メンタルを強くしていくという方法しかないです。
とても地味な作業ですがFXで勝っている人は誰もが通る道です。

この地味な作業を続けることができずに脱落していく人が多いので、しっかりとこの作業を続けることができればメンタルを強くして、勝てる可能性が上がっていきます。

サンクコストも要因

もったいない精神

先ほど紹介したプロスペクト理論も心理的な要因ですが、これから紹介するサンクコスト(埋没費用)もFXで損を出してしまう心理的な要因になります。
特に日本人はサンクコストの影響を受けやすいのでこちらも知っておくとFXに活かせること間違いなしです。

サンクコスト(埋没費用)とは

もう戻ってこない「お金・労力・時間」のことを指します。

コンコルド効果とも呼ばれていて、ある対象への金銭的・精神的・時間的投資を続けることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資がやめられない状態を指す。

サンクコストは簡単に言えば「もったいない!」の精神がもたらすものです。

先ほど日本人が影響を受けやすいと書きましたが、日本人は世界の中でも「もったいない精神」が強いです。

もったいない精神の例
レストランに行った場合
  • 海外では残すのが前提で、食べきれない量を出すのがおもてなしと考えている
  • 日本では残すのはもったいない!と考えられる

このもったいない精神は素晴らしいものだと私も思いますが、FXなどの投資においては逆に働いてしまいます。

例えば1万円負けているときに、今やめると1万円負けが確定してしまう。1万円がもったいないから「せめてこの1万円を取り返すまで頑張ろう」と無理にトレードをしてしまい、さらに損失が大きくなってしまう。

最近で言うと、スマホゲームが辞めれない人などがその典型です。
楽しくてやっている分には全く問題ないのですが、「このゲーム飽きてきたな~。でも今までかけたお金と時間がもったいないからもうちょっとやるか」とダラダラ楽しくないゲームに時間を費やしてしまう。

FXでは致命的。損切ができない

FXでは損切ができない人になってしまいます。

損切りは「損を確定させる行為」なので、損を出すのがもったいないという心理が働いていると、いつまでも損切ができずに損が膨らんでしまいます。
そして耐え切れなくなるまで損が膨らんで、一回で資金がなくなるということもあります。

損を膨らませすぎると
  • 資金が底をつきる
  • メンタルが耐えられなくなる

この2つのどちらかのパターンで損切りすることになります。

ルールを無視して出てしまった損失をずっと抱えてるのは、メンタルが相当やられます。

仕事も手がつかなくなるなど、日常生活に影響がかなり出ますので注意してください。
※とはいっても私もそうでしたが、ほとんどの人がこの状態を1度は経験します。その1度の失敗で学んで次はしないようにしましょう。

サンクコストも克服しよう

これもプロスペクト理論と一緒で、人間誰もが持っている心理的な要因です。
なので、知っているだけでも効果がありますし、克服方法もほぼ一緒です。

  • ルールを決めてトレードする
  • 反復練習
  • ゼロベースで考える

先ほどの2つの方法に加えて、ゼロベースで考えるというのがあります。
もしFXトレードをしていて、1万円負けている場合でもゼロの状態で考えるということ。

ゼロの状態で考えて、先行きが良くなければすぐに1万円は損切りするのが良いでしょう。

まとめ

FXには心理学が重要だということが理解していただけましたでしょうか?

プロスペクト理論も、サンクコスト効果も無意識で起こってしまうものです。
でも理解していれば、もしその状態に陥ってしまっても回避できたり、次に活かすことができます。

メンタルを鍛えることは難しいですが、FXには確実に良い効果を生み出します。
場数を踏んで、徐々に鍛えていきましょう。

FXに活かせる心理学や行動経済学はまだありますが、今回はとりわけ重要な2つを紹介させてもらいました。

『千里の道も一歩から』ということわざもあります。ひとつひとつ確実に上達できるように知識もつけていけることを願っています。

市場はあなたがどんな状態なのかなど考えてくれません。常に冷静沈着に自分のトレードができるよう心がけましょう。

▲トップへ戻る